「結婚式は一生に一度」と言われると何でも買ってしまう?

昨日は終日お仕事。嫁は結婚式の衣装合わせに夕方から出かけてきました。
私は仕事だったので行きませんでしたが、というか仕事がなくてもいきませんが汗
嫁のお母さんと、嫁の義理の妹が一緒にいってくれたようです。ありがとうお二方。


なんだか衣装をチェンジするたびに20万とかお金が追加されていくようです。高いですね。おそらく汚したときの保険を見込んで価格をつけているんでしょうね。よく知らないけど。


私はリッチマンではないけど、一生にたぶん1回しか着ないウエディングドレスと結婚式だから、嫁のやりたいようにやらせてあげるということでいいのかなと思っています。


ただいろいろ衣装チェンジの説明されてもさっぱりわからないので、それはめんどくさい^^;
それにしても結婚式って、「一生に1回ですから」って言えば大概の物を売ることができるんじゃないでしょうか汗

怪しい壺とかでも売れそうだぞ^^;


問題はいかにして結婚したいと思うカップルを自分たちのところに引っ張ってこれるかという所ですね。だからこそただでフランス料理を食わせてリストをとって客をなんとしても囲い込もうとするんでしょう。


客さえとってしまえば後は先ほども言った通り、「一生に1回のことですからねえ」、という伝家の宝刀で何でもかんでも売りまくり 笑


ということになると、やはり結婚式場の目線でみると、1番大事なのは新規顧客の囲い込みということになるんでしょう。そこに広告費の大半をつぎ込むというのもわかる気がしますね。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2683101334349473"
data-ad-slot="2553954543"
data-ad-format="auto">

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ