0120185056から電話が来たら、年金事務所に折り返せばOK。株式会社アイヴィジット

0120185056から電話が来たら、どうすればいいのか?


私がやった事は、

0120185056から留守電が入っていたので、年金事務所に電話して、年金の未納期間があるか確認して、すぐに払いますと意思表示した

ただこれだけです。

これでOK。

何も恐れる事はないです。

では、具体的にやりとりを書いてみます。

電話


▼0120185056 という番号から着信があり、留守電が入っていた。

「こちらは日本年金機構より委託を受けた、株式会社アイヴィジットです。年金の件で大切なお知らせがありますので、折り返しお電話ください」

・・という留守電が残されていた。



▼ネットで調べると、「無視したら大変なことになる!」とか「預金を差し押さえられる!」「会社に通知が行く!」

など、恐怖心を煽るようなサイトが上位に表示されていた。

なんだこれ…。怖いわー。



▼私は、とりあえず、アイヴィジットはシカトして、年金事務所に折り返し電話しました。

「アイヴィジットとはいう会社から、着信があったんですが。なんですかこれ」

「あ、はい。年金の未納期間がある場合、アイヴィジットから電話が行くことがあります。また、前年の世帯所得が多い人の場合、電話が行くことが多いです」


なるほど。

私の場合、ちょっと年金を払い忘れていた期間があり、そこをアイヴィジットが見て、電話してきたようだ。



▼「じゃあ今後、アイヴィジットから着信があっても、無視して大丈夫ですか?」

「あ、はい。本日、年金事務所にお電話いただいたので、アイヴィジットの電話は、出られなければ出なくても大丈夫です。年金事務所とアイヴィジットで、電話の履歴も共有しますので。」


ということでした。

何の問題もない。

年金事務所のお姉さんも、最初は、私がキレ気味だったので警戒していましたが、最初から最後まで、丁寧に教えてくれました。



▼ちなみに、「収入があるのに、年金を払わない人は、口座を差し押さえられる!」とかいう噂もありますが、その辺、年金事務所のお姉さんに確認したところ、

「年金の未納があっても、いきなり口座を差し押さえたりすることはありません。その前に、何度も手続きが繰り返されますので、大丈夫です」

ということでした。



▼ということで、

「年金の払い忘れがある人は、0120185056(アイヴィジット)から電話が来るが、その番号は無視して、年金事務所に折り返し電話すればOK」

という感じで、私は認識しました。



▼尚、アイヴィジットには折り返し電話しなくてもいいけど、年金事務所には電話した方がいいと思います。

完全にどちらもシカトしてしまうと、預金差し押さえの方向に進んでしまう可能性もあると思います。


なので、年金事務所に電話するのが無難かと思います。

ご参考まで。


【備忘録】

電話したついでに、

「年金受給可能な25年(300ヶ月)に届くのか?」⇒ 十分大丈夫です

「1 口座振替の資料を送ってください」

「2 クレジットカード払いの資料も送ってください」

「3 副保険料の資料も送ってください」

と、依頼しておきました。

(※副保険料(付加年金?)とは、毎月の年金額に400円を上乗せすると、もらえる年金が増えるというもの。2年で元が取れるらしいが。)


▼ちなみに年金は、1年・2年と、まとめて払うと割引されるというので、まとめて払おうかと思います。

どうせ払わなきゃいけないし。


【豆知識】

年金の未納分がある場合、

「過去の未納分」と「今払わなければならない年金」

の2つがあるが、

「今払わなければならない年金」を、優先して払う方が良い。


なぜなら、障害年金・遺族年金などの保険効果は、過去の年金を払っても発生せず、今の年金を払っていないと無効になることがあるからです。(年金事務所のお姉さんいわく)


【豆知識2】

年金を払う場合の割引で、いちばんお得なのは、「口座振替」

次が、クレジット。

だそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ